クールなエンターテイナー【Mark Ronson – Record Collection】

久しぶりの更新です。

いつもロック系のアーティストを紹介してたけど、今回はエレクトロです。

まずこのPVを見てほしい。

このPVを見れば、今日紹介するマークロンソンの本質を垣間見ることができるだろう。

Mark Ronson & The Business Intl – Bang Bang Bang

マークロンソンとはエンターテイナーである。

というか変態である(笑)

それはPVを見て頂ければ、分かってくれると思う。

ものすごく日本に傾倒したPVで、実にバカっぽい笑

しかし良く聴くと、彼のサウンドは実にクールだ。

個人的にロンソンの最大の功績は彼のサウンド、エンターテイメント性で、ヒップホップをうまく消化したことだと思う。

個人的にはヒップホップはものすごく毛嫌いしていた。

というのもイメージとして金とか名声とか浮ついたイメージが嫌だった。

しかし彼のエンターテイメント性とサウンドにかかれば、ヒップホップも不思議とクールになる。

このレコードコレクションというアルバムはエレクトロ×ヒップホップを基調としている。

エレクトロにしては音楽性が幅広く、スペーシーな曲調のものからバンドサウンドを重視した曲もある。

もともとマークロンソンはヒップホップDJであったが、プロデューサーとしてエイミーワインハウスを手掛けている実力派だ。

だからこのサウンドの幅広さもうなづける。

エレクトロの作品の中でも群を抜く出来だと思う。

Record CollectionRecord Collection
アーティスト:Mark Ronson
RCA(2010-09-28)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする