エレクトリックなロックンロール【Julian Casablancas – Phrazes for the Young 】

どうも!yaboriです。

今日紹介するのは、ジュリアン・カサブランカスのフレイゼズ・フォア・ザ・ヤングという作品です。

ジュリアンはストロークスのフロントマンとして活動していますが、この作品にてソロデビューしました。

今作の見どころはストロークスの頭脳であったジュリアンが、ソロになってどんな音楽を鳴らすのかという点にあると思います。

Julian Casablancas
RCA
発売日:2009-11-06

以前ジミヘンのレビューを書いた時に、ジュリアンカサブランカスを引き合いに出したが、彼のソロアルバムは、彼が現代における一流の表現者であることを証明する作品だ。

それはこのアルバムの圧倒的な完成度と音楽的なアプローチの豊かさにある。

このアルバムにはかつてのストロークスの代名詞であった、ミニマムなロックンロールはない。

その代わりにアルバム全体を通して、シンセが使われている。

それが意味するのは、ストロークスから解放された男が自らの表現の羽を最大限に伸ばし、エレクトリックなロックンロールアルバムを作ったということだ。

こんなに素晴らしいアルバムを今さら紹介するのは、正直言って僕はジュリアンカサブランカスをみくびっていた事に由来する。

それはストロークスの3rdが煮え切らない事も大いに関係していたし、ジュリアンのソロはニューウェイブとの話を聴いて、当時このアルバムが出た時、あまり好きでないニューウェイブならと僕はパスしたからだ。

そして今作を聴いて、それは完全な間違いであることを認識した。

僕はこのアルバムをストロークスの4thを聴いた後に聴いたのだが、あの異形の音楽の原点はこのアルバムにあったのだと思い知らせされた。

本人がこのアルバムを「ロボコップなストロークス」と形容しているように、今作はほぼ全ての曲にシンセが使われている。

Left & Right In The Darkはまさにシンセを持ちこんだストロークスという趣の曲で、

(Julian Casablancas – Left & Right in the Dark)

続く11th Dimensionという曲では、ペットショップボーイズを彷彿させる曲があると思えば、

(11th Dimension – Music Video)

一番意外だったのはLudlow St.という曲でインド音楽、果てはベイルートを思わせるような異国情緒を駆り立てる曲すらあることだ。

(Julian Casablancas – Ludlow St. Live)

これだけストロークスから飛躍しているのも関わらず、全ての曲が共通してストロークス的であると思うのは、ギターサウンドが変わらないからだろう。

ストロークスから解放されたジュリアンがここまで自由かつ斬新に音を鳴らすとは思わなかったので、いい意味で期待を裏切られた。

彼こそ現代における一流の表現者であることは間違いない。

【関連記事】

新たな2ndアルバム【Angles – The Strokes】

偉大なる表現者【The Jimi Hendrix Experience – Electric Ladyland】

シーンに風穴を開けた作品【The Strokes – Is This It】


【For Fans】
The Strokes/Pet Shop Boys/Beirut/Queen/

【Twitter】
Twitterでは9割音楽のことをつぶやいてます(笑)!

このブログの次回予告だけでなく、このブログでは紹介していない音楽を紹介することも多々あるので、フォローお願いします♪

【レコメンド】
僕が愛用しているK2レコードというレンタルレコードのお店を紹介します♪
僕がここで取り上げている旧譜は9割ここで借りているくらい凄まじい品揃えのお店です!

K2 RECORDS(K2レコード)は、 大阪ミナミの日本橋(でんでんタウン)にある音楽専門の CDレンタルショップです。洋楽ロックや国内J-POPはもちろんのこと、マニア垂涎のレア盤・珍盤から輸入盤インディーズ効果音サンプリング音源まで幅広く在庫しています。アルバム10万タイトル以上を有するCDライブラリーとなっております。もちろん関西以外の方でも入会して頂けます!京都兵庫奈良和歌山、滋賀、三重といった大阪以外からのお客様には、郵便による返却(ポスト投函)が好評です。

K2RECORDS




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. たびけん より:

    これ、ストロークスより好き。打ち込みやニューウェーブみたいな感じが、海外インディバンドみたいで良かったので、むしろそこからストロークスをようやく聴けるようになった感じです。笑

  2. boriboriyabori より:

    >たびけん

    ひねくれてるなぁ(笑)

    前ストロークス嫌いやいうてたもんねー

    確かにたびけんが言うようにインディーっぽいアルバムかもね。

    ジュリアン自身が聴いてた音楽がベイルートだし、

    11thって曲はレディオデプトのペットグリーフ(http://youtu.be/N5tnpzE4-qE)に似てるしね♪

    ある意味ではストロークス越えはしてると思うよ。

  3. Tool より:

    意外とソロは手が出ない(笑)

    ストロークスの4thも買ってないな(笑)

    最近金が無いなぁ~(´▽`)

  4. boriboriyabori より:

    > TOOLさん

    どちらも素晴らしい作品でしたよ♪

    レンタルでもいいんじゃないですか!?