わたしたちに出来なかったことを とても懐かしく思うよ【宇多田ヒカル – Passion】

初めまして。

祇園神楽坂っていいます。yabori君からこのブログのコトを教えてもらって、

文章を書くのはもと②好きなので、せっかくだから書いてみるコトにしました。

機械に嫌われてる性格なので、あんまり頻繁に書けないとは思いますが、よろしくお願いします。

今回私が紹介するのは、宇多田ヒカルの『Passion』というシングル曲デス。

宇多田ヒカル
EMIミュージック・ジャパン
発売日:2005-12-14

…あなたにもいませんか?もう会えないのはなんとなく分かっていても、どうしても忘れるコトができない人。

心のドコかでずっと思い続けてる人。

この曲はそんな誰かを思い出す、ふとした瞬間を切り取った作品デス。

もう会えないだろうけど、それでもずっと思い続けてる人。

そういう人を思い出す時って、沢山の記憶や感情が一瞬にして溢れるものデスよね?

その一瞬を表現しているかのように、曲の冒頭で鳴り響くギターとドラム。

この二つの楽器が鳴らすシンプルで躍動的なメロディーが、記憶の扉を静かに開きます。

そしてこのメロディーに、宇多田の伸びやかな歌声が重なります。

溢れる記憶の一つ一つに触れるような優しい声が、聞く側の心に心地好くスーッと届きます。

…もう会えないけど、いつも心のドコかで思う。

元気に、幸せにしているのを信じている。

そして、時々だけど願うコトがある。

「前を向いてればまた会えますか」
(宇多田ヒカル – Passion ~single version~)
アニメーションと実写が作り出す映像世界は圧巻!!

コレは余談デスが、先月に行われた宇多田ヒカル最後のコンサートにも行って来ました☆★

今までのツアーにはなかったシンプルな演出で、彼女が作る音楽のクオリティーの高さをあらためて実感できるステージでした。

一ファンとして、『宇多田ヒカル人間活動』を心から応援したいと思います!!そして、彼女の音楽が聴ける日が再び来るのを心待ちしています!!

【Passion収録作品】


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする